スポンサーリンク

茨城県内有数の桜の名所・長勝寺(ちょうしょうじ)は、潮来(いたこ)市にある臨済宗の寺院で山号は「海雲山」です。

文治元年(1185)に源頼朝が戦勝祈願のために創建したと伝わる古刹(こさつ)は一度荒廃してしまいましたが、

水戸藩主徳川光圀が堂宇を修築し、幕府から寺領を安堵され今に至ります。

 

元禄年間のものと見られる唐様建築の本堂と鮮やかな朱色の楼門は茨城県指定文化財として現存いるほか、

国・県・市指定の文化財や寺宝を数多く所有しており、かつての潮来の情景を今に伝えます。

スポンサーリンク

長勝寺 (潮来市) の御朱印種類は?

この投稿をInstagramで見る

catchkae(@catchkae)がシェアした投稿

右:御本尊の御朱印 左:七福神(福禄寿)の御朱印

御本尊の御朱印は、右上に縦長の小さい御朱印、中央に丸い御朱印、左下に四角の御朱印が押されており右上から中央にかけて「無量寺」と墨書きされています。

「無量寺」の「寺」の字が縦いっぱいに広がるダイナミックな筆致は芸術的です。

 

左側には山号である「海雲寺」と「長勝寺」の墨書きがあります。

御朱印料は300円です。

 

長勝寺は、茨城県の寺院を巡る「常陸七福神」の福禄寿の礼所です。

右上に北条氏寄進の鐘の御朱印、中央に丸い御朱印が押されています。

 

左下の「海雲山長勝寺」の四角い御朱印には「常陸七福神福禄寿」のロゴが入った枠がついており凝ったデザインですね。

右側に参拝日、左側に「常陸七福神 長勝寺」、中央には大きく「福禄寿」と墨書きされています。

七福神の御朱印は、御本尊の御朱印よりもさらに動きがあり躍動感あふれる筆致で、二つ並べて眺めていると見ているだけでも運気が上がりそう。

御朱印料は300円です。

2面を確保して御朱印をいただきましょう!

見開き御朱印のようになりますね☆