スマートフォン対応サイト
宮崎神宮へのご連絡

〒880-0053
宮崎市神宮2丁目4-1
電話.0985-27-4004
FAX.0985-27-4030

サイト内検索
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 神武さん参り を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
神武会

神武会は神武天皇にゆかりのある宮崎神宮、狭野神社、都農神社で、ご東遷記念日にあたる平成24年10月5日に発足しました。

当会ではご神徳を発揚すべく、神武天皇御東遷二千六百年記念事業(昭和九年)、紀元二千六百年記念事業(昭和十五年)で神武天皇の御聖蹟として顕彰された地であるうちの御降誕の地、御東遷にゆかりのある神社を紹介しています。

パンフレットとあわせてご朱印帳を作成いたしましたので、ご参拝の折に是非授与されて下さい。 

ホーム >  神武さん参り >  ご東遷ゆかりの地 >  狭野神社(さのじんじゃ)
狭野神社(さのじんじゃ) 高ヒット [地図表示]
2012/10/3 19:13 投稿者: office (記事一覧) [ 20038hit ]

都島 

都島は神武天皇宮居の跡地として顕彰されている。
都城平野は畏くも皇祖発祥の霊地にして、皇国御肇造の御準備地である。
鵜葺草葺不合尊は狭野に皇居を置き、神武天皇が都嶋に皇居を移された。古来この地一帯を総称して都嶋と称する。
狭野神社は都城第一の旧社と云い伝えられ、往古の社地は城内都島と伝えるが、天授元年(1375)島津久家高祖により二代の祖北郷義久本城建築の際、参詣に不便なるが故に、城の東北五町余の地に社殿を建立遷座し、ご神号を須木束(塚)大明神と称し、以来衆便を得て累世崇敬を極めたようである。大永六年(1526)三月火災にかかり、社殿神像等ことごとく焼失し、時の領主島津忠相子忠親、僧重円に命じて再興させ、同年九月竣工した。その時重円が奉納したご神体がいま鎮座するのであるが、その後239年を経てご社殿荒廃により、宝暦十四年(1764)七月邑主島津鉄熊が修築し、柱棟高欄彩色実に結構なものであったという。明治二年 神武天皇のご幼名に因んで狭野神社と改称した。都城県が置かれた時、県令をもって旧城の北端龍泉寺坂南側の高台の地に再び遷座したのが、明治七年八月十五日である。明治六年一月村社に指定せられる。皇紀二千六百年に都城市奉祝会が建設され、その記念事業として当社の移転改築をなすこととなり、昭和十五年都島に近い現在地に起工、同十七年十一月遷座祭が斎行された。
 

ご社殿
ご社殿
正面鳥居
正面鳥居
聖蹟顕彰碑
聖蹟顕彰碑
地図  [KML] [地図表示]
電話番号(0986)24-9801
FAX番号(0986)24-9801
郵便番号885-0083
住所宮崎県都城市都島774
御祭神神日本磐余彦命(かむやまといはれひこのみこと)(神武天皇)
社殿本殿(流造)9.7坪 拝殿(流造)22.5坪
創立年月日不詳
駐車場有り
最寄り駅からのアクセスJR西都城駅より徒歩で15分
最寄ICからのアクセス都城ICより都城方面へ約11km
携帯で見る  URLを携帯に送る
カテゴリ内ページ移動 ( 11  件):     1 ..  5  6  7  8  9  10  11  次
GNavi   (based on MyAlbum-P)