スマートフォン対応サイト
宮崎神宮へのご連絡

〒880-0053
宮崎市神宮2丁目4-1
電話.0985-27-4004
FAX.0985-27-4030

サイト内検索
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 宮崎神宮ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

宮崎神宮ブログ - こつこつと

こつこつと

カテゴリ : 
全般
執筆 : 
office 2018/7/15 15:04

宮崎神宮正面参道には神池と呼ばれる池があります。

かつては付近の下北方町より水が流れていたそうですが、いつしかその水が途絶え

現在では井戸を掘り水を流しています。

 

ご承知の通り、この池に生息するのが鯉と亀であります。

亀は終日池で過ごすのかと思いきや、境内をよく散歩しているようで

あちこちで目撃情報が寄せられます。

 

さて、そんな亀さん、

昨日は参拝者トイレ付近でなにやらゴソゴソ。

まさかの産卵の準備中でした。

何やら体内から液体を出しながら掘って行くんですね。

 

恐らく足下は見えていないはずですが、両方の後ろ足を交互にしながら

産卵する穴を掘っていました。

 

小石が埋まっている場所でしたが、器用に足で石をつかんでいました。

右足より左足の方が石をつかむ確率が高く、亀にも利き足が存在するのかと

勝手に想像していました・・・

 

そして発見してより、約1時間30分後、

ついに産卵が始まり、7個の卵が産まれました。

よく見ると1つ産み落とす度に、きれいに並べ替えているように見えました。

 

産卵後は土を返して、

 

何事もなかったかのようになっていました。

 

うさぎと亀の話に象徴されるように、少しずつ少しずつゆっくりと穴を掘る姿が

印象的でした。

 

何事もいきなりは無理。

 

亀さんを見習って、こつこつと仕事に励みたいと思います。

 

何はともあれ、亀さんの益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://miyazakijingu.jp/modules/d3blog/tb.php/437
ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
最新記事
コメント
最新のトラックバック