スマートフォン対応サイト
宮崎神宮へのご連絡

〒880-0053
宮崎市神宮2丁目4-1
電話.0985-27-4004
FAX.0985-27-4030

サイト内検索
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
オンライン状況
41 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 宮崎神宮とは を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 41

もっと...
別宮・摂末社



別宮(べつぐう) 
狭野(さの)神社

【ご祭神】神武天皇
別宮 狭野(さの)神社 西諸県郡高原町狭野にご鎮座になり、孝昭天皇(第五代)の御代、神武天皇ご誕生の地に創建されたと伝えられています。明治六年県社に列せられました。明治四十年に宮崎宮(当時の呼称)の旧社殿を移築。同年五月に遷座祭、竣工祭が斎行されました。大正四年六月には宮崎神宮の別宮に指定されました。終戦後は事情により独立神社となりましたが、宮崎神宮別宮の名称はそのまま残されています。

  
 

 

摂社(せっしゃ)
皇宮(こうぐう)神社
【ご祭神】神日本磐余彦天皇(神武天皇)

【相  殿】手耳研命(たぎしみみのみこと)

      吾平津姫命(あひらつひめのみこと)

      渟名川耳命(ぬなかわみみのみこと)

 

【主な祭典】

   旧正月    14日 破魔矢祭  

     2月    18日 祈年祭

     7月24/25日 夏祭

    11月    24日 新嘗祭

    12月    31日 歳末祭

  

神武天皇宮崎の宮の皇居跡と顕彰されているところで、宮崎神宮の西北600米の小高い丘に鎮座します。

仰げば西方遥か高千穂の峰を望み、目を下に転ずれば大淀川の清流延々として帯の如く市街を縫い、実に皇居の跡に相応しい聖地であります。
神武天皇が大和地方にご出発になる45歳まで当地に宮居されたという事です。

ご創建は不詳ですが、旧社殿は弘化4年(1847年)6月藩費を以て再建され、明治10年3月21日宮崎神宮

摂社に列せられました。

昭和10年11月14日の特別大演習の折には、昭和天皇のご巡覧があり、昭和15年には、紀元2600年の

記念事業の一環として、宮崎県奉祝会により皇宮発祥之地碑が建立されて顕彰されました。

(※皇軍発祥之地碑 昭和16年11月20日起工、昭和17年末頃完成)

現在の社殿は伊勢神宮の第60回神宮式年遷宮(昭和48年)後、古殿舎撤下材(外宮外幣殿)を、昭和51年

に改築したものです。

    

本殿前鳥居               正面参道入口             旧社殿跡地 

「皇軍発祥之地」碑    

「皇軍発祥之地」碑         本殿                   以前の皇宮神社



末社(まっしゃ)
五所稲荷(ごしょいなり)神社

【ご祭神】保食神(うけもちのかみ)

            塩土翁(しおつちのおきな)

      道臣命(みちのおみのみこと)

      椎根津彦命(しいねつひこのみこと)

      大久米命(おおくめのみこと)(神武天皇の功臣)
  

   明治4年11月には、

     稲荷神社(下北方田ノ上鎮座)

     地主神社(花ヶ島鎮座)

     稲荷秋葉神社(下北方鎮座)

     水分神社(境内鎮座)   

     事代主神社(境内鎮座)の5社を相殿に合祀。

 

【主な祭典】

    2月 18日 祈年祭

    旧初午    初午祭

    8月3/4日  夏祭

   11月 24日 新嘗祭

   12月 31日 歳末祭

 

 当神宮の境内神池(しんち)横に鎮座し、古くより農業、産業、食物、又商売繁昌、諸業繁栄の守護神として、多くの人々より崇敬されてきました。

 御創建年代は不詳ですが、社殿前に文政10年9月に奉納された手水鉢が残っていることから、これよりさらに遡ることが出来ると思われます。明治11年2月に末社に列せられました。

 かつては、宮崎神宮本殿の東側に鎮座していました、明治32年より同40年までの本宮社殿御造営の為に現在地に遷座しています。

 

              

 

末社入口鳥居は、以前の宮崎神宮二ノ鳥居を    昭和43年11月に鳥居17基が有志の方々より

削って昭和55年に改築したものです。         奉納されました。
 


 

宮崎神宮所有境内地

宮崎神宮  76,313坪(約25ヘクタール)
 

皇宮神社  3,203坪(約

 1ヘクタール)
 

境外地   1,200坪
 

御料林   西都市銀鏡に約80ヘクタール
 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:249 平均点:5.22
前
天皇陛下ご親拝
カテゴリートップ
TOP